三重県津市のこども園|社会福祉法人ぼだいじ福祉会 ぼだいじこども園

「心身ともに健やかに伸びる子ども」社会福祉法人ぼだいじ福祉会 ぼだいじこども園は、三重県津市南中央にある幼保連携型認定こども園です。

ホーム ≫ 園の紹介 ≫

園の紹介

園長あいさつ(ぼだいじこども園)

当法人は、平成30年に法人設立50周年を迎えました。半世紀という月日が流れるなか、私は平成8年に就職し、平成19年に園長として就任し現在に至っております。時代の流れと共に、保育園より幼保連携型認定こども園への移行、園舎の老朽化に伴う建て替えなど、子どもたちにとってより良い環境を提供していける事を心掛けてまいりました。 今まで、数多くの子どもたちが当園を巣立っていき、今では社会の一員として活躍してくれています。そんな未来ある子どもたちと、かけがえのない時間を共に過ごせることに喜びを感じています。 教育・保育目標にもありますように「自主的に意欲的に行動できる」子どもたちが育つよう、職員一丸となりサポートしてまります。

当園の概要(ぼだいじこども園)

 
名称 ぼだいじこども園
住所 〒514-0832三重県津市南中央10-18
電話番号 059-228-7473
FAX番号 059-228-7483
開園年月日 昭和43年4月1日
運営会社 社会福祉法人 ぼだいじ福祉会
園長 永瀬 時久
駐車場 あり
定員 136名
規模 敷地面積1415.88平方メートル
延べ面積846.99平方メートル
開園時間 月~土:7時00分~18時00分
(延長 18時00分~19時00分)
休園日

日・祝日・年末年始

行事振替・年度末(新年度準備のため)等

入園対象児 産休明け~5歳児

アクセス

JR紀勢本線 阿漕駅より 徒歩12分
※google mapに登録されるまで少々お待ちください。

園長あいさつ(ぼだいじIRORI園)

社会福祉法人ぼだいじ福祉会 ぼだいじIRORI園
施設長 永瀬 公輔

◆経歴
防衛大学校 理工学部 機械システム工学科 卒業
株式会社GAtechnologies 入社
→sales部門チームリーダーを務め、スタートアップからマザーズ上場を経験
社会福祉法人ぼだいじ福祉会 ぼだいじこども園 入職
→R3.4.1よりぼだいじIRORI園 施設長就任

◆自己紹介
物心がついた小学校高学年頃から常に迷ったら"厳しい道を選択し挑戦する"をモットーに無意識の内に自分に負荷がかかる道を選んでいました。そんな学生時代を過ごし、大きく進路が決まる高校時代に"東日本大震災"をTV越しで見たことをきっかけに、当時医師になることを志していたものの、震災復興等で前線で活躍する"自衛隊"に憧れと尊敬の念を抱き、防衛大学校へ入校。入校後はそれまでの生活とは大きく異なり、厳しい上下関係、訓練、勉学、部活動の中で知・徳・体の3つの柱の重要性を学ぶと同時に高校時代までは言わば知力や表面上の能力が求められていましたが、諸外国の士官と関わり、厳しい訓練をする中で人が組織や集団生活の中で持つべき資質は、表面上のスキルや能力だけでなく、自分が苦しい時にいかに他人のために頑張れるのか?、困っている人をどれだけ助けられるのか?などの"人間性""人格"が非常に重要であるということを実感しました。そしてそんな学びが多く、充実した学生時代も終わりを迎えた大学4年生、私は"真に自分を磨くには敷かれたレールを歩むのではなく更なる厳しい世界を"と決意し、有名企業や大きな組織の看板に胡坐をかくのではなく、個の実力が求められるスタートアップや外資系企業、完全成果主義のコンサルティングファームなどの、常にチーム力だけでなく"個"としての"実力"、"成果"や"人間性"が必要とされる環境を求め、ベンチャー企業の営業職として就職しました。
入社後は都心部の不動産売買やクラウドファンディングなどの金融商品を提案する営業職につき、成果と向き合う日々でした。当然大学時代とは異なり、営業先で社名を名乗っても、あしらわれたりなどとそれまででは経験したことの無い社会の厳しさを身をもって体験したことにより、困難な壁をいかに乗り越えていくのかといった"可能思考"、周囲の人々に対する"感謝力"、逆境の中でも諦めずやり続ける"地道な努力"や"強い意志"の大切さを学び、同時に仕事の結果や成果は"細部へのこだわり"で決まるということを強く学びました。そして逆境なども経験しながら、マザーズ市場への上場を仲間や上司と共に経験したことは私にとって大きな財産です。そして会社も大きくなり人々に認知されていく中で、居心地の良さを感じると共にまた新たなチャレンジをしたいと思い、家業を継ぎ、新園を理事長である父と共に立ち上げるという決意を固め、この度ぼだいじ福祉会に入職し、ぼだいじIRORI園を多方面の方々のご支援をいただきながら開園いたしました。子どもたちだけでなく法人に関わる職員さんや関係者の方がより豊かな人生を歩めるように改革・改善そしてより良い運営をしなければならないと強く責任を感じています。そして"改革"というものは理想論だけでは実現しないと考えています。福祉事業や公益事業に胡坐をかき満足するのではなく、一つの組織として社会に対して提供できるものは何か?を常に緊張感を持ち、結果(=人々に必要とされるサービス)を追求し、どんな時代でも社会に求められるような組織をつくっていきたいと考えています。一つ一つ課題や問題に向き合いながらこの先100年、200年と存続できるような園づくりに邁進してまいります。

◆教育・保育に関して
単に児童福祉施設として"何の工夫もない保育"をするのではなく、"子どもたちが将来自らの道を自ら選び、自分を信じて自らの道を歩み、幸せな人生がおくれる"ようこの重要な"人格形成期"に真に行うべきこと、身につけるべきことは何か?を問い、問題提起と改善を重ねながら、その時代その時代にあった保育を行っていきます。
そんな保育を実現するため、まずは職員自身が以下のことに気をつけ実行していきます。
・常に言葉より行動
・自分や人に嘘をつかず、諦めない心を持つ
・できない理由ではなく可能思考
・周囲に対する感謝の気持ちを持つ
・他責思考ではなく自責思考をもつ

これらを通して自律し、主体的に行動できる姿を率先垂範し、子どもたちが日々楽しく
前向きな気持ちで園生活が送れるような園づくりをし、子どもたちの大事な"人格形成期"により良いインパクトを組織全員で与えられるよう心掛けてまいります。
そして教育者の一員として、子どもたちの健やかな成長に寄与しながら、社会の中で活躍し豊かな人生を歩んでもらえることを切に願っています。


 

当園の概要(ぼだいじIRORI園)

 
名称 ぼだいじIRORI園
住所 〒514-1102 三重県津市久居藤ヶ丘町2598-4
電話番号 059-253-2086(R3.4.1-)
FAX番号 059-253-2087(R3.4.1-)
開園年月日 令和3年4月1日
運営会社 社会福祉法人 ぼだいじ福祉会
園長 永瀬 公輔
駐車場 あり
定員 90名
規模 敷地面積2951.19平方メートル
屋外遊戯場811.33平方メートル
開園時間 月~土:7時00分~18時00分
(延長 18時00分~19時00分)
休園日

日・祝日・年末年始

行事振替・年度末(新年度準備のため)等

入園対象児 産休明け~5歳児

アクセス

入園ご希望の方へ        
入園申込のお問い合わせは、津市役所にご相談ください。
https://www.info.city.tsu.mie.jp/www/contents/1001000008114/index.html

お問い合わせはこちら

ぼだいじこども園

ぼだいじこども園
〒514-0832
三重県津市南中央10-18

ぼだいじこども園の
概要はこちら

ぼだいじIRORI園
〒514-1102
三重県津市藤ヶ丘町2598-4

ぼだいじIRORI園の
概要はこちら

モバイルサイト

社会福祉法人ぼだいじ福祉会 ぼだいじこども園スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら